「ワラビ・イクラ・カニ」という全ロフェスチバルの一環で「グルメの一週間」が行われた

02.07.2021 11:10:10 (GMT+12)

「ワラビ・イクラ・カニ」という全ロフェスチバルの一環で「グルメの一週間」が行われた
「ワラビ・イクラ・カニ」という全ロフェスチバルの一環で行われた「料理作りの一週間」が終わった。名前はワラビ、イクラとカニという3つのロシアの言葉からなっている。フェスチバルにはカムチャツカのトップの15のレストランとカフェーと、3つのカフェーショップのチェーン店が参加した。参加者はこのフェストバルに向けてわざわざ開発された料理を披露した。店のチーフコックは今まで出ていない料理ばっかりを出した。料理作りにはカムチャツカの現住北方少数民族の食文化と世界の食文化で利される調理法で作られた料理だけではなくて、最新の調理技術も利用して作った料理を出した。格料理の主要な食材はカムチャツカの山菜、野生動物と海産物だ。

「「グルメの一週間」は終わったが、フェスチバルが続いている。フェスチバルの終結事業の開催はペトロパブロフスク・カムチャツキー市内中央広場で予定だれたが、衛生状況が悪化したため9月に延期されたが、調理の研修会やカムチャツカの山菜、野性動物、海産物についての懇談会や講演会などのフェスチバルの事業が続く」とマリヤ・カチューリナ・フェスチバルのプロデューサーが述べる。
フェスチバルはカムチャツカ地方政府とカムチャツカの発展公社の応援で実行されている。詳細についてはwww.paporotnikrab.ruで見られる。

Фоторепортаж: https://poluostrov-kamchatka.ru/pknews/japanese/292602.html

Делитесь новостями Камчатки
в социальных сетях: